■うつわをご購入の前に

  お使いのPCモニターの環境により商品画像と実物でお色が違う場合がございます。
  濃淡の違い、厚みや重みの違い、釉薬の垂れ方や質感の違いなど、
  それぞれ多少の個体差がございます。
  また同じうつわを複数点お求め頂いた際には、
  在庫の中でなるべくお色味の近いものをお選びしてお届けいたします。

  上記の点をご理解頂いた上でのご購入をお願いしておりますが
  どうしても個体差や色味が気になる場合はぜひ実店舗にお越し頂き、
  実際に手にとって商品をご覧になることをおすすめいたします。

 ■土物のお取り扱い

  はじめてご使用になる前に米のとぎ汁で煮沸することで、
  土の組織の隙間をでんぷん質が埋め、汚れがしみ込みにくくなります
  1. 鍋に器を入れ、器がすべて浸かる量の米のとぎ汁を入れる
  2. そのまま加熱する(強火にはしないこと)
  3. 沸騰したら30分そのまま煮沸する
  4. 火を止め、ゆっくり冷ます
  5. 器を取り出し、十分に乾燥させる
  ※2つ以上の器を同時に煮沸する時には、器同士がぶつからないように注意し、
  数の多い場合には数回に分けて行って下さい

  毎回ご使用前に30分ほど水に浸してからお使いになると汚れがつきにくくなります。

  直火/オーブンのご使用はできません
  電子レンジ/食器洗浄器のご使用はお避けください
  金属や磁器等と一緒に洗浄する場合には、破損に十分にご注意ください
  浸け置きはせず、洗浄後は十分に乾燥させてください
  使用環境によって貫入が入る可能性があります

  ※「粉引」は白い化粧土の上に透明釉をかけたもので、柔らかく吸水性があるため、
  ご使用になると灰色の斑点が現れますが、素材の特性ですので使用上問題ございません

  欠けや染みなどお取り扱いに注意は必要ですが、大切に使うことで
  土物だけが持つ質感や味わいを楽しめ、愛着が湧く素材です


 ■半磁器のお取り扱い

  オーブン/電子レンジ/食器洗浄機でご使用いただけます
  直火でのご使用はできません

  加熱して熱くなった状態のまま素手で触れないようにご注意ください
  また、加熱後すぐにテーブルなどに置くことは避けてください
  急激な冷却はしないようにお気をつけください
  使用環境によって貫入が入る可能性があります


 ■磁器のお取り扱い

  電子レンジ/食器洗浄機でご使用いただけます
  直火でのご使用はできません

  金属と一緒に洗浄する場合には、破損に十分にご注意ください
  使用環境によってまれに貫入が入る可能性があります


 ■耐熱陶器のお取り扱い

  直火/オーブン/電子レンジでご使用いただけます

  加熱して熱くなった状態のまま素手で触れないようにご注意ください
  また、加熱後すぐにテーブルなどに置くことは避けてください
  長時間にわたる空焚きはしないでください
  急激な冷却はしないようにお気をつけください
  揚物料理は危険ですので絶対にご使用にならないでください
  金属や磁器と一緒に洗浄する場合には、破損に十分にご注意ください
  浸け置きはせず、洗浄後は十分に乾燥させてください
  食器洗浄器はお使いになれません


 ■土鍋をお使いいただく前に

  土鍋は吸水性のある陶土を使用しているため、
  最初にお使いいただく前に、まず「目止め」をする必要があります

  [洗浄]
  土鍋をさっと洗い、よく乾燥させてください
  [目止め]
  土鍋に水を8分目ほど入れ、水量の5分の1のお米を入れて炊きます
  吹きこぼれに注意し、弱火でゆっくり炊いてください
  (お米が無い場合、同量の片栗粉でも代用できます)
  [乾燥]
  一晩おいた後、おかゆをあけて土鍋を洗い、乾燥させてください

  お米のでんぷん質が土鍋に浸透することで、
  後から水分や汚れが入り込むのを防いでくれます

  ※目止めはご購入後最初の1回で十分です


 ■土鍋で炊飯

  「お米を研ぐ」→「水に浸ける」→「加熱する」→「蒸らす」
  このシンプルな作業だけで、手軽においしいご飯を炊くことができます

  [研ぐ]
  お米を手早くすすぎます(2回繰り返します)
  お米をやさしく研ぎます(3回繰り返します)
  [浸ける]
  お米の量より1割多い水に20分浸しておきます
  (米1合/水200cc、米2合/水400cc、米3合/水600cc)
  [加熱する]
  中火よりやや強めの火にかけて炊きます(10分前後で沸騰してきます)
  湯気が勢いよく出始めてから約3分で火を止めるのが目安です
  (米1合/約11分、米2合/約13分、米3合/約15分)
  最後に1〜2分程炊き上げの時間を延ばすと、香ばしいおこげが出来ます
  ※白米以外のものが入る時には、湯気が出始めてから弱火にし5〜7分ほど炊くと
  おいしく炊けます
  [蒸らす]
  火を止め、そのまま10分〜20分ほど蒸らします
  蒸らしている途中にはフタを開けないようにし、
  最後にフタを開けたら余分な水蒸気をとばすようにご飯をほぐします

  お米の種類や火力により多少の違いがあるので、
  自分にあった炊き方を見つけてみてください!


Twitter